_S2A7671.jpg

診療のご案内 | シミやアザの治療

シミやアザの治療

レーザー治療について

東海大学形成外科では1980年から皮膚の小腫瘤や色素性疾患に対してレーザー治療を行っています。

治療対象となる疾患
  • 黒子、いぼなどの小腫瘤

  • 太田母斑、扁平母斑などのアザ

  • 単純性血管腫などの赤アザ

  • 老人性 色素斑などのシミ

  • 刺青 など

それぞれレーザーの種類や治療法が異なります。レーザー治療の前に専門医による診断を受ける必要があります。病変によってはレーザー治療が適さない場合もあります。また治療経過や治療結果には個人差もあります。

疑問な点はお気軽に形成外科の外来までご相談下さい。

症例紹介
黒子などの小腫瘤
扁平母斑
太田母斑
自費診療

2021年4月1日現在

ほくろなどの小腫瘤に対する炭酸ガスレーザー( 1個につき)

※いずれも消費税別

Qスイッチレーザーによるシミ治療(1か所につき)

(1円玉大のシミで約20,000円、10円玉大で約30,000円程度です。)

※いずれも消費税別

保険適応
  • 太田母斑

  • 扁平母斑

  • 異所性蒙古斑

  • 外傷性異物沈着症

  • 単純性血管腫

  • 苺状血管腫

  • 毛細血管拡張症

などは保険適応となります。