_S2A7070.jpg

メッセージ | 講師/根本 仁

他科から頼られる形成外科医

昭和大学医学部卒業後、亀田総合病院にて初期研修および皮膚科研修し、昭和大学形成外科に入局しました。アメリカ留学(UCSD)・台湾留学(CGMH)を経験し、2019年から東海大学形成外科で形成外科診療・研究・教育に従事しております。

 

形成外科は手術の良し悪しが分かりやすく、医学生時代に興味をもちました。また対象疾患が幅広く、同じ疾患でも患者さんの個人差が大きく、患者さんに合った方法を考えて手術を施行することに、形成外科の面白さがあるのではないかと思っています。他科と連携することも多く、他科から頼られる科だと思います。

PROFILE

講師/根本 仁

[出身大学:昭和大学]

マイクロサージャリーを用いた再建治療

専門は、マイクロサージャリー(再建外科)で、とても可能性のある分野です。手術顕微鏡を用いて数mmの血管や神経を縫合したりします。微小なものを扱いますが、効果は大きく、マイクロサージャリーの手法を用いて治療できることは多く、こんなこともできるんだときっと驚かれると思います。東海大学は再建症例も多く、興味がある若手には積極的に指導していきたいと思っております。

 

東海大学形成外科はマイクロサージャリーだけでなく、ほかの分野も含め症例が多く、多くの経験ができると思います。そのなかで興味が出てきた分野を伸ばせる環境があると思います。基礎研究や臨床研究もおこなっており、積極的に情報発信していこうと思っています。

 

また働きやすく、家庭があって育児をしている先生への配慮もあり、仕事と家庭を両立できると思います。興味があれば是非、見学や研修で当科を見ていただければと思います。よろしくお願いいたします。