_S2A7294.jpg

皆さんは形成外科と聞いてどのような診療科だと思われますか?美容を思い浮かべる方が多いかもしれません。わたしたち形成外科医は、変形・欠損した組織の機能回復と患者様の社会復帰を目指した外科的リハビリテーションにより、患者さんのQOLの向上や早期社会復帰を目指している外科医です。

形成外科では一般的に「美容外科」「再建外科」の2つの専門領域があります。「美容外科」ではそれ自体が病気とはいえないですが、それ自体がご自身QOLを著しく下げている身体の形状や皮膚などを治療していく領域です。また、再建外科では、外科先天性あるいは後天性疾患による、主に身体外表、軟部組織・硬組織または臓器の一部の含めた変形や欠損を機能的かつ形態的に再建修復を行う専門分野になります。わたしたち形成外科医は様々な科と協力して患者さんのQOLの向上・早期社会復帰のお手伝いを行っています。

教授・診療科長

赤松 正

緑と紫の抽象画

FEATURES

患者さんのQOLの向上・早期社会復帰を目指して
_S2A7161.jpg
マイクロサージェリーによる再建手術

頭頚部がん根治術後の再建、胸壁再建、頭蓋底再建、四肢の骨髄炎治療や露出骨面の被覆などを他科と協力して行っています。

_S2A7671.jpg
皮膚レーザー治療

Q-スイッチルビーレーザー、パルス色素レーザー、ロングパルスアレキサンドライトレーザー、Nd-YAGレーザー、炭酸ガスレーザーによる治療を行っています。
小児や広範囲の治療では全身麻酔での日帰り治療も行っています。

INFORMATION
新着情報

●専攻医(後期研修医)募集中

見学会、ZOOMによる説明会を実施しています。

ご希望の方はお問い合わせください。

MESSAGE

患者さんのQOLの向上・早期社会復帰を目指して